AV女優のお仕事

AV女優のお仕事

AV女優とはセックスシーンを中心にしたアダルトビデオに主演する女優のことでアダルトビデオに出演している女優さんのこと。アダルトビデオといってもやっぱりいろいろと種類があって、企画ものやジャンル別でギャラの金額は大幅に変わってきます。昔は進んで就く職業ではないイメージがあったのですが、今では人気のある職業なんです。めちゃくちゃ可愛い子が顔出ししてアイドル的扱いを受けていたり、元AV女優が普通にメディアで活躍していたり、少しずつアンダーグラウンドな世界から表に出てきているからです。その逆で、手っ取り早くお金が欲しいときとか顔を出さずに1度きりでも、ある程度お金になるからという人もいるようです。

AV女優になるには

最近では借金があるなどという、どうしようもない理由があって仕方がなくというケースは少なくなっているようです。可愛いとちやほやされるのが嬉しいとか、顔が特定されなきゃ記念にいいかなとか。わりとライトな理由が多いそうです。きちんとした事務所さんじゃないと騙されたりするケースもありますので、AV女優になりたいという人は、きちんと調べて大手の事務所に所属するのがいいでしょう。プロのスカウトマンいわく、AV女優になる子は、一目見てすぐにわかるそうです。そういう子を見ぬく嗅覚、優れているのでしょう。まず、身体の一部であっても、極端に露出されているファッションで、身体のラインを強調するような、ぴたっとしたファッションである。「露出していて、隙がありそう」というそんな子はスカウトマンの目につくようです。

どのくらい稼げるの?

企画もので安ければ1万円。普通で3万円~6万円。少ないと感じると思いますが、今ではそれが通常だそうです。女優の知名度、顔出しの有無、撮影にかかる日数、プレイの内容によってもらえるギャラはかわってきます。顔出し、ゴムつきで10万円~15万円。人気女優、顔出し、中出しで50万円~150万円。売れっ子さんが月に2本撮ったとして、多くて300円前後。無名のほぼ素人が月に2本撮ったとして、多くて30万円前後と差が激しいです。どちらにせよ、事務所やメーカーによって異なりはしますが、売れっ子女優にでもならない限り思っていたよりも高収入ではないのが実際のところです。ただし、AV女優は出せば出すほど、女優としての価値は下がっていく傾向にあるため長い間は出来ないお仕事です。
 

AV女優の年齢制限

AV業界では、27歳から熟女ジャンルになるそうです。撮影回数を重ねるごとにマニアックなジャンルへと移行していくようです。いろんな性癖を持った人がこの世の中に存在する限り、年齢的な限界は無いですがニーズが多いのは20代前半ではではないでしょうか。ただし、商品価値の問題や、精神的にキツイのはもちろん、体力的にも、結構キツイので長く続けることはできない職業かと思います。辞めたあとは顔を出していても、そこまで売れっ子では無い場合はバレずに生活することは可能ですがリスクも伴います。ある程度売れている子の場合、風俗でバイトしていたり、キャバ嬢になっていたりするケースもあるようです。芸能界など、華やかな世界に進出するのはごく一部です。

ピンサロのお仕事

ピンサロとは

ピンサロとは、ピンクサロンの略で、男性客に口での奉仕する仕事のことです。他の性風俗店と異なり、性風俗関連特殊営業に位置づけられていないが、性的なサービスを行っているため取り締まりを受けることが多々あります。他の風俗店が個室の中で一対一が基本なのに対して、ピンサロの場合は、部屋として区切られておらず、あったとしても間仕切り程度のオープンな空間の中でのサービスになります。隣との距離が近いためお隣さんの声が聞こえてくるほど密接した中でフェラチオをして射精させる。サービスとして裸になることもあります。毎回ちゃんと男性客には手を綺麗に消毒してもらって、男性器はおしぼりで拭きます。口内射精されたあとにはちゃんとイソジンでウガイをしますが性病になるリスクは非常に高いです。

ピンサロの給料

時給に加え指名料やドリンクバックなどの歩合給になります。形式上は飲食店ですので、ドリンクは必ず出さなくてはいけません。ドリンクが無料のケースもあればお客様が飲みたいものを注文すると有料になるなど様々です。ドリンクバックは数パーセントが嬢に歩合としてバックすることになります。時給は平均、3千円~5千円。1時間制で、きっちり1人のお客様を接客するというパターンと、射精したら次のお客様へといったパターンの2パターンあります。回転率のいい人気のあるお店に勤めると平均して1日2万円~3万円は稼げる計算になります。時給制であるためよっぽど店自体が暇じゃない限り出勤すれば確実に稼げるため週に3回出勤したとして、月36万円ほどになります。ただし、多数の男性客を相手するため性病はもちろん口が痛くなったり顎関節症になるリスクは高いです。

ピンサロの客

本番はNGですが男性客の中にはバレなきゃいいでしょ。みたいに、本番を迫ってくるお客様は意外と多くいます。間仕切り程度の空間でバレないはずがないし、ボーイや店員が注意して目を光らせているので、しつこく本番を迫るとブラックリストで出入り禁止になるので気をつけましょう。あとは、明らかに性病持ちのお客様がいた場合は、ボーイや責任者によりお断りするケースもあります。基本どこの店でも同じであるが好かれるお客様は、フレンドリーで優しくて、無理強いをするわけでもなく、ルールをちゃんと守る。精子出したらハイおしまいではなく、別れ際まで態度が変わらないのが好かれます。お客様の中には、風俗嬢を見下していて、性のはけ口くらいにしか思っていないというのが明らかに態度に出ている人がいるけれど、そういう人は風俗嬢からは嫌われます。
 

ピンサロは短期集中

女の子の中には、ずっと指名してもらっていたお客様とプライベートでも仲良くなり、恋愛関係になったっていうケースもあるようです。キャバクラとかでも同じですが、お客様の1人だったのが、いつの間にか異性として見てしまっていたみたいに。ピンサロ業界では、短期間で辞めていく人が多いそうです。キャバクラとか、他の風俗に比べて、ピンサロは安定した収入を得ることは出来るけれど、他の風俗と比較して安く体力使うし、病気のリスクも高いので短期で稼いで辞めるといった感じで働く人が多いそうです。長く務めている人は、辞められない理由がある場合がほとんどで、子供がいて、保育園の時間までしか働けないとか。容姿に自信がなくって他の風俗では働けないとか理由があるようです。

ヌードモデルのお仕事

モデルの種類

被写体として外見の特徴を重視して働く職業に従事する人のことで、モデルというと、日本では長身の美女が舞台の上でウォーキングとか、雑誌やテレビなんかに出ている有名人を思い浮かべます。しかし、そのような晴れやかなモデルはごく一握りでモデルといっても多種多様なタイプのモデルが存在しています。一般的に有名なモデルでもない限りモデルと言われたらアンダーグラウンドに近いモデルであると言っても過言ではありません。モデルの種類としては、フリーモデルと言われるタイプが最も多いです。事務所に所属していない個人で活動をしているモデルで撮影会などで稼いでいてコスプレイヤーなどの趣味の延長線上としてやっている人も多いのが特徴。また、エロを売りにしているフリーモデルは撮影会などのアマチュアのカメラマンが、数人でモデルの子を撮影するしてコミケやネットなどで販売することもあります。また、玩具モデルと言われるアダルト用品の広告やイメージ動画モデルとして下着やヌードで活躍しているモデルもいます。

玩具モデルとは

玩具モデルの場合は、基本的に顔出しNGで活動している人が多いようです。収入としては、下着姿の状態で、顔出しNG、ピンクローターなどの小さな大人の玩具での撮影の場合で1万~1万5千円程度。ヌードで顔出しNG、下着をずらしてそこにバイブをあてがっているようなポーズで、1万5千円~2万円。ヌードで顔出しNG、男性との絡み有りのセックス関連のアダルト用品の撮影で3万円~という相場のようです。また、顔出しOKの場合は、基本的なギャラにプラスで1万円~2万円が支払われます。玩具モデルは本人ではなくセックス関連商品が主役であるため、撮影時間もわりと短く構成なども決まっているためモデル自身は大変だと感じることは少ないようです。

フリーモデルの収入

フリーモデルの場合。一対一の撮影会で、完全着衣2時間1万円~。ヌードの場合は1時間1万2千円~。ROM写真集の場合、最初に撮影費として数万円~で、人気モデルは数十万円をカメラマンから受け取り、ROMの売り上げから割合をもらうといったパターンがあります。また、その逆にモデルがカメラマンに頼んで撮影してもらい、ROM写真集を制作する事もあります。ROMの制作費用はスタジオ代、衣装代、印刷代などで5万円~8万円ほど費用がかかります。1枚のROMを1000円で販売すると80枚売ってやっと元が取れるという感じです。なので、コミケなどの手売りでだけでなく、その後のイベントやDLサイト、委託などで1年間くらいかけて売っていきます。労力がかかっている割には、対して稼げ無いというのが現状です。ちなみにほぼ全裸のハードな写真集であったとしても売れない場合が多々あるので初心者が簡単に手を出せる世界じゃありません。
 

モデルの世界

どこの業界も、自分を商品にしている職業にありがちな、ストーカー化してしまうファンや、ネットに悪口を書きこんだり、ありもしない噂を流したりなど人気商売によくある苦労が絶えません。それ以外にも、モデル同士の嫉妬や妬みも日常茶飯事。さらに、日ごろのファンサービスが売り上げに直結してくるので、ブログの更新やメルマガの配信、SNSの活用は必須事項となっています。新しい写真が出来たらアップして、次の撮影会やら写真集の告知なんかもまめにやらなくてはいけません。モデルだけでは食べていくのは大変なので本職の仕事をしつつ週末にモデルをやっている人が大半です。サービス精神が旺盛で気力と体力がなくてはやっていくことは出来ません。

SM女王様のお仕事

SM女王様とは

サディズム(S)およびマゾヒズム(M)と呼ばれる性的嗜好を持つ者同士のプレイでSMと言われています。SMのS側の役割を持ち女王様と呼ばれていますが、SM居酒屋、SMバー、SMグッズ専門店などに行ったことがある人は、なんとなく、SMクラブというものが特殊だということは、分かっていただけることでしょう。SMクラブでいう女王様の役割は、皮のボンテージに網タイツにピンヒール、ムチとろうそくを片手にもつ美人なお姉さんの姿を想像しますが大体当たっています。女王様は、美人でキツめな風貌のお姉さんが多いです。生まれ持ってのSの素質を持った天職のような人もいますが、仕事として大変な苦労をしてサドキャラを演技をしている人も多いです。

最初はMから

ムチで打ったり、罵声を浴びせながらヒールで踏んだり、縄で縛ったり、バイブを突っ込んで放置したり、吊るしてみたり、顔面騎乗したり、ペニスバンドをつけて相手のお尻の穴をいじめたり。とにかく、マゾな男性をいじめぬくのが女王様の仕事です。ただし、誰でもSっ気があるから女王様になれるというわけではありません。女王様になりたいと思って面接を受けに行ったとしても高い確率で、経験ないならまずはMからはじめてみようと言われることでしょう。Sに徹するには、まずMの気持ちが分からないとダメだとか言われて。風俗客全般で見ると、どうしてもM男よりS男のほうが多いのでそのままMをやらされるパターンも、少なくないです。完腸から生フェラチオから、縛りに鞭打ち、苛めぬかれ甚振(いたぶ)られ、まあ、Mなことをさせられ続けます。

女王様への道

稀に、女王様専門店で最初から女王様として雇いましょうっていうところがあったとしても、すぐにムチを振れるわけではありません。ムチの振り方はもちろんですが、縛り方、ろうそくの使い方など一歩間違えたら危ないことも多いのでかなり高度な修行の習得が要求されます。さらにマゾである男性客のレベルを見極め悦ばせてあげなくてはいけません。大変ですしプロ意識が必要です。全くの素人から始める場合は、通常、1か月~2か月程度の修行をしてから、一人前の女王様としてムチを振れるようになるでしょう。ただし、途中で挫折して辞めていく子のほうが、ダントツで多いそうです。真の女王様になれる人間は、限られているっていうことでしょう。イジメて楽に給料がもらえると思っているようでしたら大間違いです。
 

SM女王様の収入は

完全な歩合制です。時給+sといった感じになります。基本給や待機している間に発生するお給料はありませんので、まったくお客様がつかない場合は0円です。ただし、普通の風俗業と違い時給が高いケースが多いです。さらに追加オプションのバックマージンが入ってくるのでお客がつけば稼げます。取り分としては、お客がつかった金額の約半分が収入であると考えていいでしょう。ある女王様は、週に3回出勤して年収500万円弱だそうです。これは結構稼いでいるほうだと思いますが、かなりプロフェッショナルなことをしているのでこれを高いと見るか安いと見るかは本人次第。また、全く稼げずに辞めていく子も多いので、特殊な分の時給はいいけど、それだけ、相対的な客数だって少ないと言えます。