AV女優のお仕事

AV女優のお仕事

AV女優とはセックスシーンを中心にしたアダルトビデオに主演する女優のことでアダルトビデオに出演している女優さんのこと。アダルトビデオといってもやっぱりいろいろと種類があって、企画ものやジャンル別でギャラの金額は大幅に変わってきます。昔は進んで就く職業ではないイメージがあったのですが、今では人気のある職業なんです。めちゃくちゃ可愛い子が顔出ししてアイドル的扱いを受けていたり、元AV女優が普通にメディアで活躍していたり、少しずつアンダーグラウンドな世界から表に出てきているからです。その逆で、手っ取り早くお金が欲しいときとか顔を出さずに1度きりでも、ある程度お金になるからという人もいるようです。

AV女優になるには

最近では借金があるなどという、どうしようもない理由があって仕方がなくというケースは少なくなっているようです。可愛いとちやほやされるのが嬉しいとか、顔が特定されなきゃ記念にいいかなとか。わりとライトな理由が多いそうです。きちんとした事務所さんじゃないと騙されたりするケースもありますので、AV女優になりたいという人は、きちんと調べて大手の事務所に所属するのがいいでしょう。プロのスカウトマンいわく、AV女優になる子は、一目見てすぐにわかるそうです。そういう子を見ぬく嗅覚、優れているのでしょう。まず、身体の一部であっても、極端に露出されているファッションで、身体のラインを強調するような、ぴたっとしたファッションである。「露出していて、隙がありそう」というそんな子はスカウトマンの目につくようです。

どのくらい稼げるの?

企画もので安ければ1万円。普通で3万円~6万円。少ないと感じると思いますが、今ではそれが通常だそうです。女優の知名度、顔出しの有無、撮影にかかる日数、プレイの内容によってもらえるギャラはかわってきます。顔出し、ゴムつきで10万円~15万円。人気女優、顔出し、中出しで50万円~150万円。売れっ子さんが月に2本撮ったとして、多くて300円前後。無名のほぼ素人が月に2本撮ったとして、多くて30万円前後と差が激しいです。どちらにせよ、事務所やメーカーによって異なりはしますが、売れっ子女優にでもならない限り思っていたよりも高収入ではないのが実際のところです。ただし、AV女優は出せば出すほど、女優としての価値は下がっていく傾向にあるため長い間は出来ないお仕事です。
 

AV女優の年齢制限

AV業界では、27歳から熟女ジャンルになるそうです。撮影回数を重ねるごとにマニアックなジャンルへと移行していくようです。いろんな性癖を持った人がこの世の中に存在する限り、年齢的な限界は無いですがニーズが多いのは20代前半ではではないでしょうか。ただし、商品価値の問題や、精神的にキツイのはもちろん、体力的にも、結構キツイので長く続けることはできない職業かと思います。辞めたあとは顔を出していても、そこまで売れっ子では無い場合はバレずに生活することは可能ですがリスクも伴います。ある程度売れている子の場合、風俗でバイトしていたり、キャバ嬢になっていたりするケースもあるようです。芸能界など、華やかな世界に進出するのはごく一部です。