ピンサロのお仕事

ピンサロとは

ピンサロとは、ピンクサロンの略で、男性客に口での奉仕する仕事のことです。他の性風俗店と異なり、性風俗関連特殊営業に位置づけられていないが、性的なサービスを行っているため取り締まりを受けることが多々あります。他の風俗店が個室の中で一対一が基本なのに対して、ピンサロの場合は、部屋として区切られておらず、あったとしても間仕切り程度のオープンな空間の中でのサービスになります。隣との距離が近いためお隣さんの声が聞こえてくるほど密接した中でフェラチオをして射精させる。サービスとして裸になることもあります。毎回ちゃんと男性客には手を綺麗に消毒してもらって、男性器はおしぼりで拭きます。口内射精されたあとにはちゃんとイソジンでウガイをしますが性病になるリスクは非常に高いです。

ピンサロの給料

時給に加え指名料やドリンクバックなどの歩合給になります。形式上は飲食店ですので、ドリンクは必ず出さなくてはいけません。ドリンクが無料のケースもあればお客様が飲みたいものを注文すると有料になるなど様々です。ドリンクバックは数パーセントが嬢に歩合としてバックすることになります。時給は平均、3千円~5千円。1時間制で、きっちり1人のお客様を接客するというパターンと、射精したら次のお客様へといったパターンの2パターンあります。回転率のいい人気のあるお店に勤めると平均して1日2万円~3万円は稼げる計算になります。時給制であるためよっぽど店自体が暇じゃない限り出勤すれば確実に稼げるため週に3回出勤したとして、月36万円ほどになります。ただし、多数の男性客を相手するため性病はもちろん口が痛くなったり顎関節症になるリスクは高いです。

ピンサロの客

本番はNGですが男性客の中にはバレなきゃいいでしょ。みたいに、本番を迫ってくるお客様は意外と多くいます。間仕切り程度の空間でバレないはずがないし、ボーイや店員が注意して目を光らせているので、しつこく本番を迫るとブラックリストで出入り禁止になるので気をつけましょう。あとは、明らかに性病持ちのお客様がいた場合は、ボーイや責任者によりお断りするケースもあります。基本どこの店でも同じであるが好かれるお客様は、フレンドリーで優しくて、無理強いをするわけでもなく、ルールをちゃんと守る。精子出したらハイおしまいではなく、別れ際まで態度が変わらないのが好かれます。お客様の中には、風俗嬢を見下していて、性のはけ口くらいにしか思っていないというのが明らかに態度に出ている人がいるけれど、そういう人は風俗嬢からは嫌われます。
 

ピンサロは短期集中

女の子の中には、ずっと指名してもらっていたお客様とプライベートでも仲良くなり、恋愛関係になったっていうケースもあるようです。キャバクラとかでも同じですが、お客様の1人だったのが、いつの間にか異性として見てしまっていたみたいに。ピンサロ業界では、短期間で辞めていく人が多いそうです。キャバクラとか、他の風俗に比べて、ピンサロは安定した収入を得ることは出来るけれど、他の風俗と比較して安く体力使うし、病気のリスクも高いので短期で稼いで辞めるといった感じで働く人が多いそうです。長く務めている人は、辞められない理由がある場合がほとんどで、子供がいて、保育園の時間までしか働けないとか。容姿に自信がなくって他の風俗では働けないとか理由があるようです。